プロミスなら駅周辺でキャッシング!
プロミス審査の流れがかわる※今すぐネット申し込みしてお金を借りる

プロミス審査の流れがかわる※今すぐネット申し込みしてお金を借りる

プロミス審査に申し込んだ時の流れは?


>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

プロミスへインターネットもしくは電話から申し込みをすると、結果が出るまで30分ほど待つことになります。審査の流れとしては、まずはインターネットのフォーム(電話の場合は口頭で)に記入した内容を元に機械によるスコアリング審査が行われます。

具体的には、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、他社からの借入状況などを元にスコアリング審査がされます。機械による審査の後は、人間による最終チェックなどが行なわれ、問題がなければ融資可能の連絡が来ることになります。

自動契約機から申し込みをしたときの流れもほぼ同じですが、自動契約機で申し込みをすると、待ち時間の間に契約書に記入をしたり、アンケートに答えたりして時間を使うので、なにもせずに待っている時間はほとんどないでしょう。

プロミスの審査では、アルバイトやパートであっても安定した収入があって、無理のない金額を借りるのであれば限度額10万円~30万円程度を借りることはさほど難しくはありません。もしもそれでも断られたら、他社からの借入が多すぎないか、過去に債務整理をしたり長期延滞がなかったかを確認してみましょう。


リスト これから【プロミス】自動契約機に行きますか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
リスト
リスト


プロミス自動契約機検索

キャッシングを申し込む時の注意点


銀行カードローンや消費者金融からキャッシングの申し込みをする時はいろいろ不安になるものです。審査は無事通過するのかとかお金をしっかり借り入れる事が出来るのかとかしっかり返済できるのかとか考えてしまうと思います。キャッシングを申し込む時には注意点もあるので、申し込む前にしっかり把握しておく事が大切です。

申し込む前に確実にしておきたいのが借り入れの金額を設定して返済計画をしっかり立てておく事が大切です。例えば1ヶ月に借り入れる金額を決めておくとかこれ以上は借り入れないようにするとか自分自身でルールを作っておくのもひとつの手だと思います。また消費者金融の場合は総量規制というものがあって、自分の収入の3分の1以上は借り入れる事が出来ません。そういった点も把握しておかなければいけません。

審査の時に間違えた情報を記入してしまうと審査が通らない可能性があります。間違えた情報を記入してしまうと会社側が虚偽の申請をしたと見なされて信用されなくなってしまいます。会社側をこういう虚偽の申請を大変嫌うので、絶対に間違えないように情報を記入する事が大切です。

審査の通過が不安だという時は窓口で会社側の人と会って申し込む方がいいと思います。審査では人柄も対象になるので、実際に会社側の人と対面して良い印象を持ってもらうというのもひとつの手です。また会社側の人と実際に会えば不明点があったら直接聞く事も出来るので不安も一気に解消します。

本人確認は心配しなくて大丈夫


キャッシングをする場合に多くの人の悩ましい問題に本人確認の電話があります。本人確認は申込者がきちんと会社で働いているか電話で確認を取るものであり、これがないとキャッシング業者は安心して審査を通してくれません。本人確認の電話で自分がお金を借金していることが会社にばれてしまうと、あまり良い印象を持たれないので、本人確認の電話は誰でもとても緊張すると思います。

しかしその部分はキャッシング業者もある程度分かっていますので、電話をかけるときには自分が消費者金融だとわからないように電話をかけてくれます。普通に「~さんいらっしゃいますか」と電話がかかってきますので電話を取った方は普通の人だと思うはずです。よって必要以上に心配をする必要はなく安心してキャッシングの審査に申し込みをしてほしいと思います。

会社というのは信用問題が第一で仕事をしていますので、借金のことが絶対にばれないように取り計らってくれます。しかし最近ではカードローンやキャッシングを誰でも当たり前のように利用している文化となっていますので、もし仮に電話を取った人が消費者金融などと疑ってもそれほど以前みたいに信用問題がなくなることにはならないと思います。

現在のキャッシング、カードローン人口は年々増えていて、社会人ならキャッシング、カードローンを利用していても何もやましいことはなく当たり前のことだと感じています。安心して審査に申し込みを行ってください。

金利に対する注意事項


キャッシング業者を選ぶ時には必ず金利を確認するはずですが、実は金利の上限は法律によって決められています。10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と3段階に分かれています。キャッシングを利用する時はこの事を頭に入れてからキャッシング業者の金利を確認していきましょう。もしこの数値より高い金利設定になっていたら、その業者は違法なので絶対にお金を借りないように注意が必要です。

金利を確認する時は最高金利を確認するようにして下さい。利用開始の時に設定される金利は最高金利の場合がほとんどなので間違えないようにしましょう。銀行カードローンの最高金利は約14~15%で消費者金融の最高金利は約18%に設定されています。金利から判断すると銀行カードローンの方がいいですが、すぐにお金が必要という人もいるので金利だけでは判断出来ない事もあるでしょう。しかしある程度時間に余裕がある場合は銀行カードローンを利用した方が良いでしょう。

キャッシング業者の金利は高く設定されているのでいかに利息を減らすかもひとつのポイントです。利息を減らすためには借入期間を短くして出来るだけ早く返済する事です。同じ借り入れ金額でも借り入れ期間が異なれば返済金額も大幅に異なってくるので意識しておく事が大切です。

即日融資で気をつけたいこと


急にお金が必要になってあせったという経験がある人もいると思います。そんなときでも便利なのが即日融資です。即日融資を行っているキャッシング業者も増えてきています。便利なサービスですが、即日融資を受けるときには気をつけておきたいことがあります。 それが、銀行振込の時間です。

即日融資を受けるとき、店舗で受け取ったり、提携ATMから引き出したりとお金の受け取り方もさまざまですが、銀行振込を利用する人も多いです。 店舗に行く必要もなく、専用のカードを作らなくても良いので、初めての人でも即日融資を受けやすくなります。

しかし、銀行振込は平日の14時までに行われます。即日融資を申し込んだのが14時を過ぎていれば、審査が通ったとしても振込をされるのは翌日になってしまいます。 銀行振込での融資を希望するなら、できるだけ午前中のうちに申し込みをすませるようにしておきましょう。 審査に時間がかかることもあるので、注意が必要です。

キャッシング業者のなかには、特定の銀行なら24時間振込をしてくれる業者もあります。 休日のときでも対応してくれるので、もしものときでも便利です。 利用したいキャッシング業者がどの銀行に対応しているかも、チェックしておくといいかもしれません。